読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロディーナ松尾のコンテスターをいっぱいつくりたい!!

めがねのレンズから通して、感じた事をおじさん視点で書いてます!!

お客様から言われる、信用と信頼の違い‼️

こんにちはロディーナの松尾です。
朝、今日はどういったブログを書こうかな〜って電車に乗りながら、伝えたい事を考えていました^_^いつも4つのカテゴリーからかんがえるんですが
1.カットコンテストについて
2.美容の教育について
3.SNS実践記(まだ書いてませんが(^^;;)
4.プライベート
色々難しい事考えると、頭が袋小路になりますので(笑)カテゴリーから、伝えたい事を決めています。
そんな、こんなを考えていると、お店のある駅に着いちゃって‼️
そんな時は、だいたい出てこないので諦めようと思っていたら、ふと
信頼と信用
って言葉が出てきました、なぜかわかりませんが出たんだから仕方がない(笑)

よく長く担当しているお客様に、信用してるからって笑いながら、結構思いプレッシャーを掛けられるんですが(笑)美容師としてこんな嬉しい事はありません^_^大抵の僕のお客様は、カウンセリングの時に
「今日はどうします?」って聞くと、こう言われます「どうします?」って(笑)
まぁようするにお任せってやつですよ!

僕としては一番自分を出せるし、やり甲斐も感じます。でも決して最初から、こんな関係性があった訳ではありませ。当たり前ですが^_^
いきなり「初めまして今日はどうします?」って聞いて。「どうします?」はなかなかないですよね?年数と回数を重ねて、少しづつ信頼してもらって。今の関係性があるんだと思います。でもただ、お客様の言いなりだと何年たってもこういった関係性は、なかなか築けないと思います。だってお客様の為にもし一生懸命考えていたらこうなって欲しいなとか、こう切りたいなぁとか、絶対提案したくなりますもん。

だから何も提案もなくただただ年数を重ねてしまったお客様だと多分、飽きられちゃうじゃないんですかね、よく新しく来てくれたお客様が、長く行っていた美容室があったけど、なんか飽きちゃってってよく聞くんですよね^_^

先ず信頼をしてもらう為には、美容師からのアプローチも絶対大切なんです^_^それも間違いないのを繰り返す事‼️難しいですよね(^^;;これの繰り返しが信頼となって年数と回数と信頼が出来て、最終的にお客様は、自分が思うより、担当の美容師さんの方が私のヘアーの事を知っているになって、信用になるんだと思います^_^

どれたけ担当させて頂いた時間に一生懸命お客様を観察して、色々提案できる事が、最終的には、信頼を得る近道だと思います。
もちろん変えないお客様もいます、だけど一部分だけでも変えれたら絶対にお客様との関係性はかわります。大幅に変化が必要なのでは無くて、お客様か少しでも綺麗に可愛くなるならこの一部分を変えたらもっといい!と思う部分だけでいいんです。お客様は、必ず理解して喜んでまくれます^_^一回でダメでも、何回かかけて、提案する事もあります^_^

「信用してるよ」って言われると最高に嬉しいです^_^そんな美容師になりたくないですか?
僕の考える美容師としての「信頼と信用」の違いです。

一応本当の違いはこんな感じらしいですよ
・信用とは、信じて任せること、過去の実績や成績を見て「この人なら大丈夫そう」と判断することです。
・信頼とは、信じて頼ること、「この人に任せておけば大丈夫だろう」「この人なら秘密を守ってくれるだろう」といったように精神的な安心を伴うことが多いようです。

違いの雑学から引用させてもらいました。
ブログを読んでもらいありがとうございました。
f:id:tadanorimatsuo:20150913100747j:image