読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロディーナ松尾のコンテスターをいっぱいつくりたい!!

めがねのレンズから通して、感じた事をおじさん視点で書いてます!!

トレーニをレベルに合わせて変化べきです!)

こんにちはロディーナの松尾です。
トレーニングとは一般的には練習の事です。
まぁどちらでもいいんです(笑)
積み重ねが大切だという事です^_^前に練習オタクになるなと言うブログを書いたのですが
オタクは根本的にはいい事なんです、ただその覚えて一生懸命練習した技術を人形の頭だけで満足しなければ!後進化を求めれば!

先日店内の僕の勉強会でおさらいを兼ねた技術講習をした時に思った事があり!
トレーニングはレベルによりやり方を変えないといけない事を再確認と後は散々オタクのようにした練習でも時が経てば忘れるという事です。僕もそうですから(笑)

ではどういったプロセスのトレーニングが良いのかを考えましょう。先ずはレベルによるトレーニングの内容はアシスタントは教えてもらう
技術をやり続ける事ですね。
反復練習は大切です。できれば毎回練習の度にノートにまとめた方がノートでのシミュレーション練習が出来るので効率がよいです。特に注意された事は小さい事でも書いといた方がいいですよ、何故ならば体の癖は何年経っても中々取れないものですから!しっかり矯正した方が後々の為にもいいですよ^_^
後もう一点は長い時間の練習を週に一回するよりも週に3回以上1時間練習した方が身になります。忘れないですしね!結局週に一回だと初めは忘れている事のおさらいからになりますからね。
この2点を守ってやり続ければしっかりとした土台のある美容師になれます^_^

スタイリストは練習よりトレーニングです。
意味は一緒なんですがなんかスタイリスト以上はトレーニングを使っています(^^;;
スタイリストもレベルがあると思いますが、新人スタイリストは核となる技術を決めてそれをとことんした方がいいと思います。
例えば僕はボブの上手いスタイリストになる!
って思えば、先ずはベーシックのボブと展開図をとことんして、ある程度のクオリティを得たら次はヘアカタなどを見てそれのデッサン、展開図、カットをすると自分がしっかりしたボブが切れると思います。
この時の一番大切な事はベーシックのボブのスタイルは一種類をとことん切る事です。
飽きてもしっかり自分の物にしてからヘアカタに入った方がいいです。僕も初めにこのトレーニングをしなかったおかげで後で大変でした(^^;;そういった形でロング、ショート、ミディアムなどを一つ一つトレーニングした方が自分の身になります。後は上記にも書きましたが、デッサン、展開図は毎回書いた方がいいです!
ウィッグを切るよりも勉強になる事もあります、カットのプロセスやバランスなどのトレーニングになります。

次に中級者以上のスタイリストは覚えた技術の
断捨離をした方がいいです(^_^断捨離というと捨てるみたいですが、選別ですね^_^
あらゆる技術を覚えていくと自分のスタイルが見えてこなくなってしまい、変に難しく考えてしまう事もある時期ですよね^_^
そこで一度自分の技術を見直すプロセスをすることが大切です。
自分の元々のベーシックテクニック、その後覚えたテクニックその中で今自分が一番やりたい事を考えて選んでいきます。
何故ならば結局大半のスタイリストは、覚えてきたテクニックをある程度理解できるので、出来た気になっているので、いざ久しぶりに覚えたテクニックをしようと思ったら忘れてる事や身体が動かなかったり‼️

そうなんですね初めにも書きましたが技術は忘れると書きましたが、実は違うんですよ!
覚えた気でいるだけなんです。忘れる前に覚えてないんですね(^^;;
見てカットをする事は中級者以上のスタイリストなら出来ます!でもその技術の理解をしていないからできないんですね(^^;;

だからもう一度選別して、今必要なテクニックの理解度をあげてお客様に提供できる事が
一番大切なトレーニングです。

以上の事がなぜ大切なのか?それは幹部になって部下のか教育をする時に自分が理解してない
技術を教える事は無理ですよね!もちろんその時に勉強して教える事も可能ですが、やっぱり頭では理解していても今度は身体が動かないんです(^^;;全てのトレーニングはその後の教育のためのプロセスなんですよ^_^
後スタイリストは夜や朝も忙しくなる事もあるかもしれませんのでアシスタントは別に集中型です。長時間のトレーニングをオススメしたいですだって毎回忘れないでしょっ^_^
結構楽しくなって行きますよ!是非人生で一回ぐらい徹夜トレーニングもオススメです!

その時その時の自分のレベルに合わせたトレーニングを一度やってみたらいかがですか?
皆さん頑張って下さいね^_^僕も頑張りましたますのでまだまだ‼️

長いブログ読んでくださりありがとうございました^_^
f:id:tadanorimatsuo:20151012150110j:image