読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロディーナ松尾のコンテスターをいっぱいつくりたい!!

めがねのレンズから通して、感じた事をおじさん視点で書いてます!!

こどもカットは変化してきた!

こんにちはロディーナの松尾です。
僕の初めて入った美容室は商店街に2店舗その当時は展開していて、夫婦で男の先生のお店と女の先生のお店に分かれていました!

まだカリスマブームになる前のおはなしです!
僕は女の先生のお店で働かせてもらっていて、そこには先生も含めて5名働いていました。
2名のスタイリストと4年目の女の先輩と僕ともう一人の女の子の同期がいて、その当時はそんなものかな〜って思っていたのですがそのお店にはテストはあったのですがテスト日があるわけでは無くて先生の鶴の一声でテストが決まるんです!だからいつスタイリストになれるのかもわからないシステムだったんですね!

今の子達が聞いたら、びっくりでしょうがその当時は結構あったんですよねそういったお店。
だから僕も丸2年シャンプーマンでした、でも
世間を知らなかったから毎日楽しかったですけどね^_^そんなもんですよね(笑)

前置きが長くなりましたがそんな感じのお店の教育システムでしたから入客も結構突然で、3年上の女の先輩もカット練習に4年目からなんとなく入って、5年目のある時女の先生が○○さんこの女の子カットしてっていきなり‼️

そこで低学年ぐらいの女の子のワンレングスを
2時間ほどかけて切ってました!
その後もたまに先生からこの男の子カットしてみたいに小さい子供が来店したら入るみたいな
そうなんですよね、お子さん達から練習みたいに入客していくんですよね。結構今でも初めはお子さんから入客のお店も多いとおもいますが
僕はちょっとおかしいなぁって思うんですよね、何故かって言うと意外にお子さんカット難しいんですよ!別に大人も子供も髪の毛の生え方もそんなに変わらないですし、お子さんの方が頭を急に動かしたりしますから危ないと思います!

それに昔と違って男の子は坊主かスポーツ刈り
女の子はおかっぱか長いワンレングスみたいな決まった髪型があるわけじゃないですし、意外に子供だから今しか出来ない髪型を父兄の方も求めてくるようになって来ています、多分ベッカムぐらいから変わってきたなぁ!

だから練習で入れるなんて思ったら大間違い!
御父兄の目もありますから今はとてもプレッシャーかかると思います!
僕的にはやはりしっかり会社のベーシックカットを覚えて、テストにパスしてその後色々なモデルさんを切らせてもらって最終テストをぱすしてどんな世代でも入客できる力をつけないと今はお客様の目も肥えてますから難しいと思います。
まあ昔話のお話ですかね^_^
昨日のハロウィンのキッズカットも色々な髪型きれて楽しかったな。

ブログ読んで頂いて今日もありがとうございます^_^
f:id:tadanorimatsuo:20151101223608j:image
ルイージおじさん顔はマジです(笑)
f:id:tadanorimatsuo:20151101223640j:image
みんなで記念撮影!