読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロディーナ松尾のコンテスターをいっぱいつくりたい!!

めがねのレンズから通して、感じた事をおじさん視点で書いてます!!

褒められて伸びる人、叱られて伸びる人!

こんにちはロディーナの松尾です。
サロン内のアシスタント、新人スタイリストの教育などの話を教育者通しで話したりする時に良くでる会話の内容にあの子は褒めて育てるタイプだねとかあの子は少し厳しくした方が伸びそうだねみたいな話がでます!

しっかり観察しないと出てきにくい答えなので
とても良い会話だと思います^_^
でもちょっと違うなぁって思う事もあるんでしはよね!

それはまだトレーニング中のスタッフが自分から僕は私は、褒められて伸びるタイプなんですよ〜とかたまに言ってくるスタッフがいます。
僕は単純に凄いなぁ自分の事を良く観察してるんだなぁって思います。

しかし本当にわかるんですかね?僕自身は自分観察が今でこそなんとなく分かりますが、若い頃は全くもってわかりませんでした(^^;;

逆もしかり技術の教育は特に教えるスタッフに
僕は褒めて育てるタイプなんだよなぁとか
厳しく育てるタイプなんだよとかは、その訳のわからないポリシーは入りません。

教えてもらっているスタッフはただ単純に技術を覚えたくて、そして上手になりたいだけなんですから!
悪ければ叱れば良いし、上手だったら褒めれば良いんです^_^

そうしないとお互い気を使い合う勉強会になってしまい、顔色を見る力だけついてしまいます(笑)
でも人間力の教育はもっとお互い気を使わないといけないと思います。なんだか最近色々なお話を聞くようになってなんだか教育者の方が気を遣いすぎてる感がします。

僕もマインドの教育は苦手ですが(^^;;

でも教育とは素直に教えて、素直に教わるスタッフが絶対に伸びる事は確かです!
教わる子達も叱られないように要領良くしない方が良いし、教育者側も嫌われないように接したりするのは良くありません。

良いものは良い!  悪い物は悪い!
技術教育だけでもそうしましょう、みなさん^_^

今日も読んで頂きありがとうございます^_^
f:id:tadanorimatsuo:20151115093534j:image