読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロディーナ松尾のコンテスターをいっぱいつくりたい!!

めがねのレンズから通して、感じた事をおじさん視点で書いてます!!

美容師の立場の役割の違い オーナー編

こんにちはロディーナの松尾です。

美容師の立場の役割の違いと言う、テーマで
書いてきましたが、今回はオーナー編です。
 
ただ、僕は今オーナー職ではありませんし
オーナー歴と言っても短いので余り、偉そうな事は言えません。
でも皆さんが経験していないことを、語ることは出来ますのでその事を中心に書きます。
 
その事とは人生でこんな事は遭いたくないし、
あって欲しくありませんが!
僕は会社を倒産させてしまいました。
この経験は僕の人生における最大のターニングポイントでした。
お店を出店する迄の僕は、店長もしていましたし、教育部長、求人のお手伝い、もちろんお客様もちろん沢山担当していましたし。
 
だからもちろん不安はありましたが、そちらより自信の方が勝っていました!
だって今まで通りすればいいだけだと思っていました^_^
 
でもね、全然現実は違いました、夢やロマンは人一倍ありましたが、世間を全然知らない、ボンボンでした!
それは何かと言うと美容以外の事の知識が無く
美容以外の決断ができず、人に言われるまましか動けない自分がいました。
 
悔しいけど分からないことばかりで、知識者に
言われた事しかできませんでした(^^;;
だからお店はお陰様でお客様も増えてきて売り上げも上がりましたが、自分のキャパ以上のお店を出したせいで、中々損益まで行きませんでした。
 
その為、最終的には家賃も払えず、スタッフにも給料を払えない様になり、そのまま、他の方に譲渡する事になりました。
 
僕がオーナーな方にお伝えしたい事は
誰の為にお店を出したのかを明確にわかってもらいたいだけです!
 
自分の為?スタッフの為?お客様の為?
または家族の為?
僕は今思えば自分の為に出したんだと思います。だからスタッフの為、お客様の為といった
覚悟も計算も無かったんだと思います。
もしスタッフ、お客様の為だったら場所もあそこじゃなくて良かったし(自分が出したい場所)
お店の大きさもあんなに大きくなくて良かった
(自分の理想)
 
色々なオーナーの方の考えがあると思いますし、それを否定するつもりはありません。
ただ堅実に夢を追いかけている方はずっと
間違った選択をしていないと思います。
 
美容業界は浮き沈みもかなりありますし、人気商品なんでしょうが、永きにわたりスタッフを
大切にしているサロンが僕は凄いお店だと思います。
 
うちのオーナのきっちゃんを見ついていつも僕もこうしとけば良かったとか、勉強になります。
 
僕はもうオーナーになる事はありませんが、今まで教えて来たスタッフが出店をすると聞くと
幸せになって貰いたいと心から思います。
 
オーナーの皆さんもしスタッフを雇用していましたら、幸せにしてあげてください。
幸せに出来なかった時の後悔は本当に辛いです。
 
チョット重い話ですみませんでした(^^;;
次回は番外編で教育者編を書かせてもらいます^_^
今日も読んで頂きありがとうございました。
ご依頼、ご質問フォーム
f:id:tadanorimatsuo:20160129120324j:image