読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロディーナ松尾のコンテスターをいっぱいつくりたい!!

めがねのレンズから通して、感じた事をおじさん視点で書いてます!!

美容師はひらめき力が大事!

f:id:tadanorimatsuo:20160329104300j:image
こんにち美容学問のすゝめの松尾です^_^

皆さんは最近ひらめきとか自分の感に頼った事はありますか?
なかなかひらめきとか感に頼るのは勇気が必要かもしれませんね。

石橋を叩いて歩く方などは確固たる理由と答えがないと、渡るのは怖いですよね!
僕もその気持ちはわかります。

ただねどんな職業だって、選択をしなくてはいけない時ってありませんか、それも急に?

僕たち美容師はそんな選択をひらめき力でカバーしているところがあります!
決してあてずっぽに仕事している訳ではないですよ(笑)

初めのひらめきはお客様が初めて御来店してくださり、指名担当者がいない時です、その時、誰に担当してもらったらお客様は喜ぶんだろうって一瞬にお客様にあった担当者を振り分け担当が決めるんです!

パッと見たお客様のキャラクターを見て!

そして次にカウンセリングです、たまにいますが一緒にヘアカタログを見て、頭を傾げている美容師!これはお客様を不安にしちゃいますよね!

ご挨拶した後、髪質、お客様のキャラクター、
か持ち出す雰囲気を見て、お客様の好みを瞬時に把握してあげないと、良い提案もできませんし、ただただカウンセリングが長くなるだけです!お客様をたくさん担当している人気美容師さんはそのカウンセリングのひらめき力が強いと思います。

その後も細かい事を言えば、シャンプー中お客様の頭皮を触って硬さを感じて、力加減を変えるひらめき力、お客様との会話の内容をよりよくするために感じ取るひらめき力(話したいのか、雑誌を見たいのか、寝たいのか)
などなど

でも一番大切なひらめき力は最後のやめ時です、フィニッシングは、ひらめき力をかなり使うところです、得てして美容師は自分こだわりでフィニッシングをしる人が多く、お客様との
好みが掛け離れる場合も!

カットなら1時間カット、カラーなら2時間
お客様と接して、作り上げる仕上げです!
要するに結果発表です^_^

しっかりお客様の気持ちを汲みましょうね。

美容師だけじゃなくも、人はひらめき力で営業、商売、接客をしてる事が多いんじゃないかな^_^

ひらめき力を鍛えるためには観察力をつける事です。要するに人に興味を持つ事だと思います!
ひらめき力をつけましょうね。

今日も読んで頂きありがとうございました。